追加料金なしで読売新聞オンラインのすべての記事が読めます!

琵琶湖上 勝手に通路 

琵琶湖上 勝手に通路 

琵琶湖上 勝手に通路 

高島 県告発 河川法違反容疑

 高島市の琵琶湖上に無許可で約70メートルの通路を造成したとして、県は3日、河川法違反の疑いで造成した人物を高島署に告発したと発表した。同署は告発状を受理し、捜査している。

無許可で琵琶湖に造成された通路(高島市で)=県提供

 琵琶湖は河川法上の1級河川。県によると、告発した人物は、知事の許可を受けずに高島市安曇川町南船木の琵琶湖上に、土砂を埋め立てた通路(幅約3メートル、長さ約70メートル)を造成したとしている。

 3月15日に「琵琶湖に道路ができている」などと匿名の連絡があり、県職員が確認。数日後、今回告発した人物から「自分がやった」と連絡があった。河川環境を害した上、過去に同様の事案がなく悪質性が強いと判断し、告発に踏み切ったという。

 通路を造った目的は現時点では不明だが、現場近くの安曇川には多くのアユが遡上することで知られる。土砂は多量で、重機などで持ち込んだとみられる。

滋賀の最新ニュースと話題

[紹介元] YOMIURI ONLINE 琵琶湖上 勝手に通路 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です