追加料金なしで読売新聞オンラインのすべての記事が読めます!

石山寺門前 講談300回超

石山寺門前 講談300回超

石山寺門前 講談300回超
石山寺門前での講談が300回を超え、語りにさらに熱がこもる旭堂南風さん(大津市で)

目標年内600回 南風さん 折り返し

 紫式部が主人公のNHK大河ドラマ「光る君へ」の放送に合わせ、式部ゆかりの大津市の石山寺門前で、「源氏物語」などをテーマに自作の講談を演じている講談師旭堂南風さん(54)の高座が19日、300回を超えた。目標は年内600回で、「少し見えてきたゴールに向かい頑張り続けたい」と気合を入れ直している。

 市内在住の南風さんは、大河ドラマの放映を機に、「講談でも石山寺を盛り上げたい」と4月にスタート。降雨に見舞われたり、着物の下に保冷剤をしのばせて暑さをしのいだりしながら、1回十数分の高座を1日6~10回つとめ、19日に300回を超え、306回目を数えた。

 高座では、式部が源氏物語を書き始めるまでを、石山寺の伝承も取り入れながら臨場感豊かに語り、愛知県から訪れた女性(70)は「大河ドラマのいろんな場面を思いだしながら聞き、さらに興味が持てた。最後まで頑張ってほしい」と笑顔。南風さんは「分かりやすかった、面白かったと言ってもらえるのがうれしい。続編も執筆中で、秋頃にも披露したい」と意気込んでいる。

滋賀の最新ニュースと話題

[紹介元] YOMIURI ONLINE 石山寺門前 講談300回超

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です