追加料金なしで読売新聞オンラインのすべての記事が読めます!

<夏の高校野球 滋賀大会>開会式へ 日陰で行進練習

<夏の高校野球 滋賀大会>開会式へ 日陰で行進練習

<夏の高校野球 滋賀大会>開会式へ 日陰で行進練習
熱中症対策のため球場の通路で行進の練習をする生徒たち(大津市で)

 第106回全国高校野球選手権滋賀大会の開会式リハーサルが4日、大津市のマイネットスタジアム皇子山で行われ、出場する53校48チームのうち、学校行事などで不参加だったチームを除く46チームのマネジャーの生徒らが入場行進の練習などを行った。

 市内の日中の最高気温が30度を超え、熱中症対策として日陰になる球場通路なども使って練習を実施。グラウンドでは、音楽が鳴り響く中、昨年優勝の近江を先頭に生徒らが入場の手順を確認した。選手宣誓を務める八幡商の安田仁之介主将(3年)も実際に声を出して練習。「大会の始まりにふさわしい宣誓にしたい」と意気込んだ。

 開会式は6日午前9時50分から同スタジアムで行われる。

滋賀の最新ニュースと話題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です